Lotus

A Lotus Grows in the Mud

サッカーゲーム「FIFA」の試合分析はじめます

f:id:raye4483:20180820040159j:plain

FIFAシリーズの試合分析を始めたいと思います。

動画とテキストどちらでも楽しめる形式にしています。話している内容・表現が違うこともあるので、出来れば両方ご覧ください。情報量は動画の方が多いです。

ウイイレの現状とFIFAの台頭

サッカーゲームといえば、日本においては、KONAMI社が制作するウイニングイレブン(ウイイレ)が有名だ。

私も子供の頃はウイイレをやっていて、自分の好きな選手を集めてリーグ戦を戦うマスターリーグモードを楽しんだものだった。

カストロやミナンダなどの、マスターリーグのデフォルトメンバーの名前を覚えている方も多いのではないだろうか。

しかし、10年ほど前から、北米のEA(Electronic Arts)社が制作するFIFAシリーズが日本国内でも台頭してきた。

世界規模ではFIFAの方が圧倒的に売れているのだが、日本国内でも徐々にユーザー数を伸ばしてきており、FIFA18の販売本数はウイイレ2018を上回っていると言われている。

f:id:raye4483:20180729144157p:plain

今秋発売予定のFIFA19とウイニングイレブン2019


FIFAシリーズ躍進の理由は、実名リーグ・選手の収録と、ゲームのリアル性にあるのではないかと思う。

ウイイレは各国主要リーグのライセンスを取得できておらず、チームや選手の実名を使えない現状にある。

例えば、レアル・マドリーがMDホワイトとして収録されている。なんなんだそれは。

それに対し、FIFAは各国リーグのライセンスを有しているので、ほとんどのチーム・選手が実名収録されている。

FIFAはJリーグのライセンスも取得しているので、J1のチームはすべて使用することができる。ただし、リアルフェイスの選手以外は顔が似ていない。

次作では、これまでKONAMIが所有していたUEFAチャンピオンズリーグ/ヨーロッパリーグのライセンスもEAに渡り、もはやウイイレの優位性がなくなりつつある。

もちろんFIFAにも欠点があり、最近はリアル性が薄れてきている。特にオンラインプレイにおいては現実のサッカーではありえない戦術が通用するし、野球のようなスコアの試合になることもよくある。

私は日本人なので、日本企業であるKONAMIに頑張ってもらいたいのであるが、やはりどうしても差があるので、FIFAで遊んでいる。

FIFAの試合分析をはじめる

前置きが長くなってしまった。さっさと本題に入ろう。

私が初めてFIFAをプレイしたのはFIFA11の頃である。その頃は少しプレイして売ってしまい、そこからはゲーム自体から離れていた。

昨年FIFA17を購入してまたハマってしまい、今年も続編のFIFA18をプレイしている。

9月には新作であるFIFA19の発売が控えていることや、私の負けず嫌いな性格もあって、もっとプレイスキルを高めたいと思っている。

そこで、自分のオンラインでの対人戦を録画し、分析動画を作成し公開することにした。

単純に試合数を重ねるだけでは上達に限界があるので、これからはいくつか試合をピックアップし、その分析を行うことにした。

その試合の良かった点・悪かった点を洗い出し、その後のプレーに活かしたい。

私が自身の上達のために作成する分析動画/記事が、FIFAシリーズをプレイする別の誰かの役に立てばなお嬉しい。

現在、細かなスキルムーブを解説した動画は溢れているが、1試合を通して細かく分析を行った動画/記事というのはまだ少ない。

みなさんのプレイングの参考になれば幸いである。

FIFAプレイ歴

以下、私のFIFAプレイ歴を記しておく。

プレイ歴:FIFA11と17を数ヶ月。18は2018年2月から開始。

FUTシーズン最高成績:DIV1(22ポイント)

FUTウィークエンドリーグ最高成績:ゴールド2(24/40)

シーズンでは大体DIV1〜2のあたりをさまよっている。

ここ数ヶ月はW杯モードをプレイしていたので、久しぶりにFUTに参戦したらDIV3まで降格してしまった。

Ultimate Teamの中では中堅クラスの成績だ。FIFA19ではDIV1常連・WLエリート帯を目指す。

FIFA17のフォーメーションガイドを作成し、ブログで公開していた時期もあったが、現在はoutdatedな情報になってしまったので、当該記事は削除している。

ちなみに、某キューレーションサイトにそっくりそのまま無断転載されていてキレそうになった経験がある笑

今後はFIFA関連の記事も作成していきたいと考えている。

配信もやるから来てね

今年の秋からイギリスの大学院に入学するので、FIFAに多くの時間は割けないかもしれない。地道に末永く続けていきたい。

ちなみに、日本ではFIFAのサーバーが貧弱で快適なオンラインプレイが出来ないことも多いのだが、イギリスは国内にサーバーがいくつもあるので快適らしい。

FIFAのために留学するの、実はアリなのでは...?

たまにはYouTubeで配信をやりたいと思っています。その時は見に来てね。

この記事を読んでFIFAシリーズに興味が出た方は、ぜひプレイしてみてください。

次回予告

 
FIFA18の購入はこちらから
FIFA19の予約はこちらから