Atlas

Atlas

大学生活・研究室生活・留学に関することを中心に発信しています。

教養を身につけるために、高校の教科書を読み直せ!【就活生・新社会人必見】

 

 

今回は、教養を身につけるための方法について考えてみました。

 

結論から申しますと、教養を身につけるために高校レベルの学習に立ち返れ、というのが私の持論です。

教養とは何か

 

「一般常識を身につけろ」

 

「教養を身につけろ」

 

誰かから一回は言われたことがある言葉ではないでしょうか。

 

しかしながら、教養とは一体何なのか、どうやって身につければいいのか、に関しては、あまり語られることはありません。

 

文部科学省のHPには、

 

 教養とは、個人が社会とかかわり、経験を積み、体系的な知識や知恵を獲得する過程で身に付ける、ものの見方、考え方、価値観の総体ということができる。

 

とあります。

 

抽象的すぎて掴み切れませんが、簡単に言い表すと、価値観やマインドセットのことを指す言葉ですね。

 

他にも多くの知識人が「教養とは何か」について持論を展開していますが、おおむね「経験や知識を獲得する過程で身に着けるもの」とされています。

 

つまり、経験や知識を得ようと努力しなければ、教養を身に着けることは出来ない、ということになりますね。

教養人になるのは何故難しいのか?

それじゃ、古典や専門書を読めばいいんだろうと思って、そのような本に手を出してみたけど、全く理解できない...

 

そういう経験をした方も多いでしょう(私もそうです)。

 

いったい何が足りないのでしょうか?

 

日本語力に原因があるわけではないでしょうし、あなたの地頭が悪いわけではないはずです。

 

不足しているのは、高校~大学教養レベルの知識です。

 

ヨーロッパの古典を読むときに、ヨーロッパの歴史や地理に関する知識がなければ、内容を理解することは難しいでしょう。

 

なぜなら、そのような基本的な内容に関する説明は文中では一切されず、当たり前の事実として流されて話が進むからです。

 

きちんと理解して読むためには、いちいち立ち止まって辞書を引くしかありません。

 

そんな堅苦しい読書にはほとんどの人が耐えられないから、みんな挫折してしまうのです。

 

これは、自然科学の専門書を読む際でも同様です。

 

高校レベルの数学・理科の知識がなければ、専門書の冒頭から理解できない可能性が高いです。

 

そのため、教養を養う過程に入る前に、そのための土台をまずは築くべきです。

高校レベルの知識を身につけ、それを土台にして教養を身につけるべき

 

土台とは、高校までに学んだ知識のことです。

 

この世を生き抜くために最も必要な知識は、小学校~中学校で習う知識です。

 

絶対に必要だから、義務教育で国民全員が学ぶのです。

 

高校で習う知識は、むしろ発展的で難しいです。

 

高校や大学で習う知識は、最低限生きていく上では必要無いものでしょう。

 

「高校で習う勉強なんか社会に出たら役に立たないよね」という意見が飛び出すくらいですから。

 

しかしながら、高校や大学で学ぶ知識というのは、専門的な能力だけではなく、人間としての深みを我々に与えてくれます(もちろん、知識を持っている人間の価値が高いという意味ではありません)。

 

高校や大学で学ぶ知識は、知識人と対話するためのツールになり得ます。

 

高度な知識を持っていれば、会話のネタになりますしね。

 

そして、古典や専門書はそういった知識人がつくり上げたものなのです。

 

高校~大学で学ぶ知識が欠けていて、理解できる代物ではないのです。

 

「教養を身につけるために古典や専門書を読む」というアクションが間違っているわけではなく、ホップ・ステップ・ジャンプの、ジャンプの部分だけいきなり行っている人が多いのです。

 

高校レベルの知識を覚えている人なんて実はほとんどいないと私は思っています。

 

理系の大学に進学した人で、日本史や世界史の細部まで理解している人はほとんどいないでしょうし、文系の大学に進学した人で物理や化学を理解している人もほとんどいないでしょう。

 

まずは、「無知の知」のスタンスを取り、高校レベルに立ち返るべきです。

 

自分は何も知らないのだと自覚することが、博学の境地へ至る出発点です。

高校レベルの知識をおさらいするための書籍

 

高校の教科書をまだ持っている人は、それを読めばよいでしょう。

 

高校教科書は最新の研究内容が紹介されていたり、写真やイラストを多く使われていたりなど、非常に読み進めやすい構成になっています。

 

高校在学時にはそう思えなかったと思いますが、この記事を読むような自分から学ぼうという意識がある方なら、スイスイと読み進めることができるでしょう。

 

ただ、10年以上前に高校を卒業したという方は、教科書の内容が古くなっているため、新たに教科書を買うか、それに準ずる参考書を買った方が良いでしょう。

 

そこで、以下にオススメの書籍について記します。

 

まずは、高校の理系科目をやり直したい方にとっての定番、「現代人のための高校理科」シリーズ(講談社ブルーバックス)です。

 

新書サイズにコンパクトにまとまっているので、持ち運びにも最適です。

 

語り口調に近い書き方で書かれているので、非常に親しみやすいシリーズとなっています。

 

物理・化学・生物・地学の4冊が出版されており、高校理科のすべての科目を網羅しています。

 

同じブルーバックスから出版されている「新体系・高校数学の教科書」も一緒にどうぞ。

 

こちらは上巻・下巻と別れているので気が引けますが、必要最低限の内容がまとめられており、この2冊を読めば高校数学の基本をマスターできると思います。

 

数研出版からも、似たような趣向の数研の「もういちど読む」シリーズが出版されています。

 

こちらでも数学・物理・化学・生物・地学の5科目が出版されています。

 

数学・物理・生物に関しては上下巻に分かれてますので、ブルーバックスより発展的な内容をカバーしていると言って良いでしょう。

 

文系科目に関しましては、数研出版とのコラボレーションで、山川出版から「もういちど読む」シリーズが出版されています。

 

このシリーズは累計120万部を売り上げている「大人のための教科書」であり、確固とした地位を築いてきました。

 

これまで、日本史・日本戦後史・日本近代史・世界史・世界近代史・政治経済・地理・倫理などが発売されています。

 

少しタイトルが乱立気味ではありますが、どの本も質が高く、高校の文系科目を復習するにはうってつけの書籍と言えます。

 

この他にも、各出版社が似たようなシリーズを発売しているので、自分が気に入った本を手に取ってみましょう。

さいごに

高校の教科書を復習する際には、自分が気になった科目だけ復習するのではなく、高校で学んだすべての科目を復習するのがベターです。

 

教養人になるのは一筋縄ではいきませんが、決して焦らず、まずは土台を築きましょう。

 

高校教科書を読んで世界とその歴史を概観し、教養人としての第一歩を踏み出しましょう!