Lotus

A Lotus Grows in the Mud

1万円以下のコスパ最高マイクMarantz MPM-2000U 定番のPCV80Uと比較すると凄さが分かる!

f:id:raye4483:20180821143701j:plain

最近、新しいマイクを買いました。本記事では、今まで使っていたマイクと比較しながら紹介したいと思います。

※動画撮影で使用することを前提に話をしています。その他の用途で用いる場合はまた話が違ってくると思うので、ご注意ください。

新しいマイクを買った理由

わたくし、ブログに加えてYouTubeもやっています。

今まで動画撮影に使用していたマイクは、ホワイトノイズを拾う、謎の電子音が入る、声が籠もるといった症状があったので、「これでは話にならない」と思い、より高価なマイクの購入に踏み切った。

f:id:raye4483:20180821143919j:plain

新しく買ったマイクは、Marantz社が販売しているMPM-2000Uというコンデンサーマイクだ。Amazonで9,980円で購入した。

Marantz社はアメリカの老舗音響機器メーカーであり、結構値段が高い機器が多いらしいのだが、このマイクは1万円以下の値段に抑えられていて、かなり手頃である。

今まで使用していたのはSONYPCV80Uというコンデンサーマイクで、こちらもAmazonで3,761円で購入した。

YouTubeを始める際に調査を行って、わりと評判が良かったものを購入したつもりだ。しかしながら、実際買ってみると、結構ひどかった...。

もしかしたら自分のパソコンとの相性が悪いのかもしれないのだが、「サー」というホワイトノイズが入るわ、音量がどうしても小さくなるわ、「ピー」という電子音が入るわで、かなり使いづらかった。

電子音に関しては、PS4に接続して収録した際に発生し、まともな音声を録音することが出来なかった。

なんとか改善しようと色々と試したものの、結局は改善できずにMPM-2000Uを買う運びとなった。

2000Uと1000Uの違い

2000Uの廉価版である1000Uも販売されており、こちらは6,000円ほど出せば購入できる。

1000Uにはショックマウントと保管ケースが付属しておらず、内部のADコンバーターのグレードも少し劣る。しかしながら、決定的な違いはないらしい。

開封の儀

開封動画をYouTubeに投稿しているので、詳しくはそちらをご覧ください。

以下の埋め込み動画では、開封シーンから再生されるように設定しています。

音質比較

動画中では、MacBook Pro内蔵マイク、AirPods、PCV80U、MPM-2000Uで収録した音声を比較している。

f:id:raye4483:20180821145835j:plain

問題のMPM-2000Uだが、ホワイトノイズはほぼ入らない。そして、音に奥行きがあるというか、声をそこまで張り上げなくてもしっかり音を拾ってくれる。

初めて音声を聞いた時、感動のあまり新大陸が見えた...。大げさだけど、ほんとにそれくらい違う!!!

実際の音声を動画で確認してみて欲しい。音声比較シーンから再生されるように設定している。イヤホンで聴いていただけると違いが分かりやすいと思います。

PCV80Uを勧めるするのはもうやめた方がいいのでは...?

自分の使い方や発声方法が悪いことを承知した上で言わせてもらう。

安易にPCV80Uを初心者に勧めるのはやめておいた方がいい!

一昔前は安価で質の良いコンデンサーマイクが少なかったので、相対的には素晴らしい製品だったのかもしれない。

しかし、現在では安価かつ素晴らしいマイクが各メーカーから販売されているようなので、無理にPCV80Uを買う必要はないと思う。

2,000円多く出せばMPM-1000Uを購入できるのだから、趣味程度にしか収録を行わない人も、最初からMPM-1000U/2000Uを買った方が絶対良いと思う。

今回の記事・動画内で紹介した商品のリンクを以下に貼っておきます。MPM-2000U、とても良いマイクなので、ぜひ買って使ってみてください。

f:id:raye4483:20180821152143j:plain
▶ MPM-1000U・2000U / Marantz

 

f:id:raye4483:20180821152333j:plain
▶ 卓上マイクスタンド / RFTUT

 

f:id:raye4483:20180821152535j:plain
ウインドスクリーン / KC

 

f:id:raye4483:20180821152728j:plain
ポップガード / KC