ウィンDくんのぶっちゃけトーク

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウィンDくんのぶっちゃけトーク

大学生活・研究室生活・留学に関することを中心に発信しています。その他、FIFAシリーズの攻略記事や書評記事も書いています。

教授の言うことは信じちゃダメ!研究室ではすべてを疑え!【研究室生活】

 

f:id:raye4483:20170227221107p:plain

 

教授の言うこと、信じてませんか? 

 

研究室の先輩の言うこと、信じてませんか?

 

先行研究、信じてませんか?

 

教授のこと、神だと崇めてませんか?

 

え、素直に信じて崇めちゃってるんですか。

 

まぁまぁまぁ、いいでしょう。

 

研究室ではすべてを疑え

 

覚えておいて欲しい。

 

論文に書かれていること、先輩が言うこと、教授が言うこと、間違えてる時けっこうあるよ。

 

そして、それを鵜呑みにしてしまって、卒論発表や学会発表で自分が大恥をかく。

 

ハハハ。

 

もちろん、指導教官や先輩は基本的には大多数が信頼のおける人物だ。

 

ただ、彼らの発言のすべてが正しいわけではない。

 

だって人間だもん。

 

正しい情報を誤った形で記憶しているかもしれないし、その人の認識自体が間違っているかもしれない。

 

先行研究だってそうだ。

 

今あなたが読んでいる論文、全面的に信用していいのだろうか?

 

Noだ。

 

現代の教科書に載っている科学知識は、長年の議論・論争を経るうちに磨き上げられた、ほぼ誤りのないものだ。

 

あなたが今読んでいる最新の論文は、未だ議論・論争を潜り抜けていない。

 

信じていいかどうか疑わしいものなのだ。

 

ニュートンは「私がかなたを見渡せたのだとしたら、それはひとえに巨人の肩の上に乗っていたからだ」と言ったらしいが、そもそも巨人じゃない人の肩に乗ってもしょうがない

 

研究室では、頭に入る情報のすべてを疑え。

 

特に、他人から得た情報を全面的に信用するのは危険だ。

 

ある程度、斜に構える必要がある。

 

大学生にもなったら、「年上の人がこう言ってたから正しい」とか、「権威ある人がこう言ってたから正しい」と考える段階からは卒業しなくてはならない。

 

発言者の地位と発言の質は切り離して考えられるようになろう。

 

教授や先輩の言われた通りの作業をこなしていても、研究がうまくいっているうちは問題ない。

 

ただほとんどの場合、予想通りの研究結果が出ることはない。

 

研究がうまくいかない時は何かを疑うしかない。

 

どの前提知識が間違っているのか、仮説のどの箇所に誤りが含まれているのか...など、一つ一つチェックして前に進んでいくしかない。

 

そういった試行錯誤を繰り返した後、ようやく研究はある程度の形としてまとまる。

 

一つ一つ前提を疑って、少しずつ正確な研究結果を積み重ねていくのが研究であり、尋常じゃなく地味なものなのだ。

 

全てを疑うなら、きっと早い方がいい。

 

卒論発表前、修論発表前、D論発表前に自分の研究の重大な欠陥に気づいても遅いぜ。

 

もちろん、先輩や教授が言ったことに対していちいち「それ、ホントなんですか?間違ってる可能性ありませんか?」と問う必要はない。

 

それはただ性格が悪くてめんどくさい奴だ。

 

自分の頭の中で疑えばいいよ。

 

じゃ、最後にこれだけ言わせて。

 

教授に言われた事こなすだけのマシーンになってませんか?

 

それ、奴隷だよ

 

 

昨日上記のツイートを呟いたので、ついでに思ったことをブログにまとめてみました。

 

煽ってごめん、許して。