Atlas

Atlas

大学生活・研究室生活・留学に関することを中心に発信しています。その他、FIFAシリーズの攻略記事や書評記事も書いています。

イギリス大学院(修士課程)合否結果まとめ

 

2017年2月に私はイギリス大学院に出願した。

 

ほとんどの大学から合否通知が返ってきたので、この記事にて出願の顛末を報告する。

 

イギリス大学院への留学を目指している方々の参考になれば幸いだ。

 

 

イギリス大学院を目指した理由:化学から神経科学へ

f:id:raye4483:20170404095242j:plain

2017年4月2日現在、私はアメリカのミシガン大学(University of Michigan)の博士課程に所属していることになっている(現在は休学中であり、日本に滞在)。

 

自分のことなのに他人行儀な言い方をしているのは、アメリカの大学院の特殊な(?)休学申請システム故である。

 

ミシガン大学では申請できる休学期間の長さが状況別に定められており、その期間を超えて休んでしまった場合、復学する際に改めて入学審査・手続きを行う必要がある(除籍扱い?)。

 

正直に話すと、現時点で除籍扱いになっているのかどうかハッキリしない。おそらく、現段階では籍は存在するが、あと数ヶ月で自主退学という扱いになるだろう。

 

ちなみに、休学する際には以下のような書類を提出する。個人情報の関係で一部しかお見せすることが出来ないので、その点はご了承いただきたい。

f:id:raye4483:20170404095252j:plain

 

では、なぜ現在このような状況なのだろうか?簡単に説明していこう。

 

2015年12月に私はアメリカ大学院の博士課程に出願し、幸運なことにミシガン大学から合格を頂いた。

 

翌年の5月からミシガン大学にて研究をスタートさせ、9月からの講義にも出席した。

 

しかし、ここで問題が発生する。当時所属していた研究室の指導教官とウマが合わなかったのだ。

 

指導教官と私どちらに非があるのかについては、今の私では答えを出すことが出来ないので言及しない。ただ、なによりミシガンでの研究生活にワクワクしなかった

 

最終的には、ミシガン大学をいったん休学し、他の大学院に移って今までと異なる分野を学ぶことに決めた。

 

ミシガンで苦しんでいる時に惹かれたのが、心理学や神経科学といった学問領域だった。

 

心理学や神経科学の書籍や論文を読んで、どちらかの分野の研究に従事したいと思うようになった。自分の生物学のバックグラウンドを生かせるのは神経科学の方だと思ったので、イギリス大学院の神経科学科に出願することにした。

 

ミシガン大学はアメリカでもトップクラスの大学なので、辞めることに未練がないわけではなかった。ただ、そんなくだらないプライドは自分の直感の前には何の役にも立たなかった。

 

...おそらく、みなさんは上記のストーリー展開についていけないだろう。本当は一つ一つの決断にそれぞれのストーリーとキッカケがある。ただ、最終的な決意に至るまでのプロセスを今ここで書いてしまうとかなりの長文になってしまう。これについては別記事で解説しようと思う。今は「こいつは何かの気の迷いで分野変更したくなったんだな」とでも思っておいて欲しい。

 

今回は博士課程ではなく修士課程に出願した。私は化学・生物の学位を有してはいるものの、生物学の研究スキルには乏しく、いきなり博士課程に入って研究をスタートさせるのは厳しいと感じたからだ

 

なぜイギリスの大学院を選択したかというと、イギリスでは1年間で修士号を取得できるので(日本だと2年を要する)、ミシガンでつまづいた分の時間を取り戻せると考えたからだ。

 

イギリス大学院にはResearch courseとTaught courseの2つが存在し、文字どおり、前者は研究中心のコース、後者は講義中心のコースである。ただ、Taught courseであっても半年ほどの研究活動を課される学科も多い。

 

今回、私はTaught courseに出願した。神経科学の基礎的な知識はまだ持っていないので、まずはそこから始めようという魂胆だ。

 

私のスペック

まずは私のスペックを簡単に紹介しよう。「どの程度の実績があればどのレベルの大学院に合格できるか」というデータは、留学志望者にとって最も重要なものなので、ぜひ参考にしてほしい。

 

年齢

24歳

 

学歴

地方国立大の化学・生物学科を3年で卒業した後、同大学の修士号を取得。その後、米国ミシガン大学の博士課程に進学

 

職歴

特になし(大学内のTAやRAくらい?)

 

英語力

TOEFL90点、IELTS6.5

 

留学経験

フランスで半年間の研究留学、米国ミシガンで半年間の留学

 

発表論文

査読付き論文×3(いずれも筆頭著者、そのうちの1報はIF11のトップジャーナル)

 

学会発表

国際学会×4、国内学会×1

 

賞歴

留学用給与奨学金×2(フランス留学+アメリカ留学)、国内給与奨学金×1、国際学会での優秀発表賞×2、学内の優秀学生賞

 

 

24歳修士卒の学生としては実績が多い方だろう。

 

英語力はさほど高くない。昨年の受験では、研究能力を評価されたためミシガン大学に合格することができたのだ。

 

出願の流れ

イギリス大学院に出願するための大まかな手順は以下の通り。

 

1. 出願代行サービスに申請

初めて海外大学院に出願する人は、日本国内の出願代行エージェントを利用すると良いだろう。

 

代表的なエージェントはbeoSI-UKである。どちらも無料の出願サポートを実施している。ただし、最初に数万円のデポジットを支払う必要があるので注意(大学院入学後に返金される)。

 

私は出願の経験があったので特に利用する必要はなかったのだが、興味本位でbeoの出願サポートを利用させてもらった。

 

出願代行といっても、出願書類自体を代わりに作成してくれるわけではない。各書類を出願用ウェブサイトにアップロードする作業を代行してくれるのだ。

 

beoとSI-UKの無料サポートでは、オックスフォード大学やケンブリッジ大学などの上位校への出願代行は行っていない。そのため、上位校への出願は自分自身で行った。

 

2. 出願校選定

全ては志望校を決めることから始まる。

 

私が出願準備を始めたのは12月末と比較的遅いタイミングであったので、大学ランキングなどを参考にパパッと志望校を選んだ。特に、US NEWSの科目別ランキングを参考にした。

 

最終的に、以下の7校に出願した。

 

1. University of Cambridge

MPhil in Basic and Translational Neuroscience

 

2. Imperial College London

MSc in Translational Neuroscience

 

3. University College London

MSc in Neuroscience

 

4. King's College London

MSc in Neuroscience

 

5. University of Bristol

MSc in Molecular Neuroscience

 

6. University of Sheffield

MSc in Translational Neuroscience

 

7. University of Sussex

MSc in Neuroscience

 

 

1~4までは世界大学ランキングで30位以内に入ってくる大学、つまりチャレンジ校である。5~7までは100位以内にはランクインする大学、つまり滑り止めだ。

 

3. 推薦状の手配

出願において推薦状が2~3通必要になる。私が出願した大学はいずれも2通だけの要求だったため、日本時代の指導教官、フランス留学時代の指導教官に執筆をお願いした。

 

4. エッセイや履歴書など、出願書類の作成

推薦状の他に必要になるのは、Personal Statementと呼ばれる出願理由書(エッセイ)、履歴書、成績証明書、英語試験のスコアなどである。

 

Personal Statementは500~1,000 words(A4用紙1~2枚)で志望理由を記す必要があるので結構ハードだ。 

 

私の場合は、それぞれの書類を1ヶ月ほどかけて作成した。

 

ちなみに、イギリスの場合はIELTSなどの英語試験のスコアを出願時に持っていない場合でも出願可能だし、合格通知をもらうことができる。出願者のバックグラウンドのみで合否を下してくれるのだ。もちろん、入学前に大学が求めるスコアをクリアできなければ、合格通知をもらっていても入学することはできない。

 

5. 成績証明書の取り寄せ

現在所属している大学や、過去に所属していた大学から成績証明書を取り寄せる必要がある。数日では手元に届かないため、1~2ヶ月前ほどの余裕をもって発行の申請をしよう。

 

6. オンラインサイト上で出願

各大学の出願専用サイトにアクセスし、各書類をpdfまたはword形式でアップロードして出願を完了させる。意外と手間がかかるので時間に余裕をもって取り組みたい。 

 

合否結果と反省点

合否結果は以下の通りである。

 

1. University of Cambridge

- 結果待ち

 

2. Imperial College London

- 条件付き合格

 

3. University College London

 - 結果待ち

 

4. King's College London

条件付き合格

 

5. University of Bristol

条件付き合格

 

6. University of Sheffield

 条件付き合格

 

7. University of Sussex

 - 不合格

 

今まで自分が学んできた分野と異なる分野の学科に出願したので、どこにも引っかからないのではないかと心配していた。しかし、意外にアッサリと合格を頂くことができた。

 

特に、高い研究レベルを誇るImperial College LondonとKing's College Londonから合格をもらえたことは非常に嬉しい。

 

「条件付き合格」となっているのは、出願時点でIELTSを受験しておらず、スコアなしで出願を行ったからだ。あとで大学にスコアを報告すれば、「無条件合格」となり、大学への入学が確約される。

 

ちなみに、合格通知とは以下のようなものである(Kind's Collegeのもの)。

f:id:raye4483:20170404095305j:plain

CambridgeとUCLに関しては未だに結果待ちだ。この時期まで連絡が来ないとなると、おそらくこの2校は不合格であろう。結果が届いたら追記することにする。

 

反省点としては、出願した時期が遅かった点が挙げられる。イギリス大学院はローリング形式を採用しているため、出願時期が遅いと不利になるのだ。

 

ローリング形式とは、9月頃から出願を受け付け、出願者の能力が合格基準に達していた場合、すぐさま合格通知を出す入試形態のことだ。つまり、早いもの勝ちなのである。

 

上位校にどうしても受かりたい人は9月に出願を終えるのが普通である。しかし、私がイギリス大学院への出願を思い立ったのは12月に入ってからであったので、完全に出遅れてしまった。

 

自業自得ですね...笑

 

まぁ、9月に出していても合格したかどうか分からないしね。

 

ちなみに、イギリスの修士課程は上位校といえどもそこまで入試倍率は高くなく、3~5倍であることがほとんど。つまり、3~5人に1人は合格通知をもらえる。

 

日本の院試と比べると「倍率高くね?」と思うかもしれない。ところが、アメリカやイギリスの博士課程の入試倍率と比べると決して高い数値ではない。アメリカの有名私立大の博士課程であれば、倍率10~20倍であることも珍しくない。

 

それでは、今回はこのへんで。

 

どの大学に進学するかまだハッキリ決めていないので、決定したらまた報告します。